読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エロの為なら何処へでも行けた 〜思春期が僕たちに教えてくれたこと〜

 

1.

陽射しが痛いほど照りつけている。

自動販売機の業者が冷たい飲料を補充している。

 

僕が、小学4年生の時、初夏、6月上旬ごろ。

 

僕が、小学3年生の新学期に田舎から街中へ引っ越してきて間も無く、母子家庭であるMくんと仲良く遊ぶようになった。

 

Mくんは学校近くのライオンズマンションの201号室にお母さんと2人で暮らしていた。

 

放課後をドッヂボールなどをして遊び、その後、Mくんの家にお邪魔して、wii sportsなどをして過ごした。

Mくんのお母さんが仕事から帰ってくるまで遊んでいた。

 

 

2.

その日は土曜日であった。

しかしMくんのお母さんは仕事だった。

僕はMくんとマンションの中庭でキャッチボールをして遊んでいた。

 

マンションの中庭では色々な遊びをした。

マンションの柱と柱の間をゴールに見立てて、サッカーのペナルティーキックで競ったりもした。

ボールを蹴るな!と怒られてからは、マンションのエレベータも使った鬼ごっこもした。

マンションで走るな!と怒られた頃、僕とMくんはキャッチボールをすることが多かった。

 

 

とても暑い日で、Mくんは自動販売機に補充されたばかりのccレモンを僕に買ってくれて、家に戻ろうと言った。

 

201号室に戻り、僕が手にしていた、あまり冷えていないccレモンを見かねたMくんは、ガラスのコップに氷を4つ5ついれ、「ん。」と顎を少しだけ出しながらテーブルに差し出した。

 

ccレモンが注がれたコップの、氷がカランと音をたてて溶ける。

僕はMくんの様子がどこかおかしいことに何と無く気付く。

 

Mくんは、おもむろに立ち上がり、ノートパソコンをうやうやしく机の上に置いた。

 

「めっちゃ面白いインターネットがあるねん」

Mくんは、僕の顔色を窺っているようだった。

普段から活発で血の気が多いMくんにしては、改まった申し出だった。

 

(その瞬間の、そわそわする、嫌な予感がする感じは今もよく覚えていて。海馬の奥深くに強烈にこびりついている。)

 

その時の僕は、好奇心に駆られ、Mくんの申し出を快諾した。

そして、Mくんは Yahoo! JAPANの検索ウィンドウに打ち込んだのだ。

 

 

「カリビアンドットコム」である。

 

 

3.

ノートパソコンの画面めいいっぱいに広がった、女体、女体、女体。

 

本能的に、良くないのではないか、危険ではないか、と察してはいたものの、(もっと見たい)という期待から来る動悸や心拍に飲み込まれていった。

 

Mくんは「無料サンプル動画」をひとつふたつ再生してみせた。

 

その内容が、おそらく成人されたであろう女性が、女児用のランドセルを背負い、通学帽を被って、リコーダーを妖艶に舐めあげるというものだった。

 

Mくんは「どや。すごいやろ。」と僕に語りかけてきていた。

 

下腹部に強烈な違和感を覚えた僕は、

「うん。すごい。でもなんかおかしいし今日はもう帰るわ。」

と言い、家に帰った。

 

 

帰り道、こっそりトランクスの中を確認すると、バシャバシャに湿っていた。

 

それを、親に気付かれないようにお風呂の中でゴッシゴッシと洗った。

 

 

4.

その後程なくしてMくんは、お母さんの仕事の都合で転校してしまった。

 

Mくんから教えてもらった「カリビアンドットコム」。

 

僕は家のパソコンの検索履歴の消し方も知らなかった。

それゆえに、一度「パイレーツオブカリビアン」と打ち込んでから、「パイレーツオブ」の部分を消して「カリビアンドットコム」と検索していた。

 

Mくんが教えてくれたこと。

「カリビアンドットコム」が教えてくれたこと。

パソコンの使い方だって、エロから学んだんだ。

 

あの日僕たちは何処へだって行けた。

あの日の僕たちは・・・。