非非モテ男(ひもておにあらず)

 

こんにちは、ギフトです。

突然ですが、世界には2種類の男がいます。

 

「モテ男」と「非モテ男」です。

 

モテ男とは、男としての価値を高め、自分に自信を持っており、常に女性が周りにいるような男のことです。

 

逆に、非モテ男とは、自分に自信がなく、また努力もしないため、必然的に女性と距離が開いてしまうような男のことです。

 

しかしその両方にも例外があります。

 

例えば、モテ男でも、様々な女性との関係を持つために、所謂チャラい、誠実さに欠ける、といった弱点があります。

 

また、逆に言えば、非モテ男でも、顔はいいのに話すとダメとか、話は面白いけど容姿に清潔感がないとか、そういった惜しい部分もあります。

 

このような「モテ男」「非モテ男」の概念が、女性社会にも普及してきて、こうした不満点を利用する形でモテようとする、「非非モテ男」。

 

非モテ男」の土俵に降りてきて、「非モテ男」の残念な部分を喰らう、それが「非非モテ男」です。

 

「モテ男」の"逆"は「非モテ男」ですが、

非モテ男」の"裏"は「非非モテ男」なのです。

 

これは、かつて私が、そんな「非非モテ男」だった頃のお話です。

 

---

 

や、こんなくっせぇくっせぇブログの書き出しだと、

「あれ?こいつ有料のブロマガでも始めんのかな?購読者数だいたい1500人くらいのよくあるメルマガのやつじゃん、購読者の名前を今月のネズミ講の売り上げランキング順に並べるやつじゃん、アレ、やんのかな?」

と思われるし、そうは思われたくないしね。

 

俺はモテ男でもないし、かといっても非モテ男でもない、中肉中背の、顔も、平々凡々。

よくやるやつ、人生で、えーっとぉ芸能人の誰某に似てる〜、なんて言われたことはマジで一度きりもない。

唯一言われたことがあるのが、「カピバラに似てるね」だって。なんだそれ。ピンと来ねえわ。

 

だから、本当に一般的なごくごく普通、いや、ここで言う一般的、っつうのもさ、Twitterだと、ツイートから伝わるアカウント像とかフォロワー数、発言力とか、2ちゃんねる行っても、○○板なのかによって、この世間一般的なごく普通の成人男性像っていうのは得てして変動するモンなんだけどさ。言わせてよ。分かってるって。

ズバッと数字を言ったら良いんでしょ?年齢ン歳、身長ンセンチ、体重ンキロ、顔は松竹梅で梅寄りの竹ですって。過去にお付き合いした女性は3人ですって。中高大で1人ずつお付き合いましたって。

合コンじゃねえんだわ。ここ、ブログなんだわ。好きに書かせてくれや、なあ。おい。好きに書かせてくれ。

 

全てに於いて中途半端な俺は、明るいグループにも暗いグループにもちょっとずつ顔を出して、均衡を保つことだけをしてた。

だから今までの人生でめちゃめちゃモテたこともないし、まぁ全くモテなかったこともないんだけど、俺は何故か地味な女に人気だった。

 

や、ここ、勢いで、何故かって書いてしまったケド、

「なんでだろ…求心力?人間観察?トホホ…僕ちん変な女に好かれちゃって困ったのら…。」

ってとぼけるつもりはなくて、まぁ俺は完全に地味な女に照準を合わせて狙い撃ってた。マジ、メンゴ。

人生の割と序盤の方から、楽してモテてぇな〜って思ってた。

 

地味目な方の男女グループに入って行けば、相対的に話せるヤツという称号を得るであろうことも分かってたし、派手目な方の男女グループに入って行けば、ユーモアのあるヤツのポジションをほしいままに出来ることも知ってた。

どちらかに属している時は、もう一方の勢力の話題を振ることで暮らしてた。モテ男グループってこういうとこちょっと反社会的でキツいよな〜とか、非モテ男グループって臭えよな、とか。

別に対立していたワケじゃないから、死の商人とは違うけれど。それで今まで痛い目を見たことがないので、ここで懺悔させてください。ゴメンナサイ。…ん。これでバランス取れた?

 

そんな俺にとって、1つ土俵を落とした地味グループの女を籠絡することは容易かったし、楽しかった。

 

---

 

普段からアニメや漫画にあまり興味がなかったが、女の趣味に合わせて事前準備をめちゃめちゃした。

家庭教師ヒットマンREBORN!とか、テニスの王子様とか、ヒカルの碁とか。当時に腐女子という言葉はなかったけれど、夢小説という形で二次創作の概念自体はもたらされていたように思う。

 

もちろんこれらは知識として沢山読み込んだが、次の日に"あの女"へ話すことを前提としていたので、定期テスト対策のようなもの、先生がどの範囲からどのような問題を出題するかを予測して勉強する、これに似たようなものだったと思う。

 

当日は、漫画の貸し借りから会話を始め、適度に女の話題の引き出しを開けたり閉めたりするだけ。俺がコントロールしてた。去り際に、カラオケにアニソン歌いに行く約束か、映画館に劇場版観に行く約束でも取り付ける。

休日に会ったら私服でもちょろっと褒めて、アニメイトでも寄って、映画館に着いて、ポップコーン奢って、ラストの方のシーンで手でも繋いで来たらゲームセットだわ。地味女、マジでしょうもな。脳味噌ゼロ式ドロップかて。

 

で、その地味女から、後日、交際を申し込まれた。丁重にお断りした。俺は楽してモテたかっただけだから。特定の彼女ができてしまえば、そのグループでの居心地が悪くなると思ったから。

 

それからである。地味女が、メンヘラストーカー女(※リスカ済!)へと変貌を遂げたのは………

 

---

 

というのは冗談で、まぁこの女とは普通に付き合って別れたんだけど、この話には一切不幸な人間は登場しなかったのだけど。

強いて言うなら、そんな俺さんが一番不幸だわ。。。みてぇなクソフェミ女じみたことも言わないし。この時代は完全に愉悦の極みだった。

 

この話に既視感が大なり小なりあるのは、やはりオタサーの姫という概念が普及した為かなと思います。

人のキャラクターの明暗と、男女比と、やはり偏りのあるグループ内で希少性を発揮するというのは1つのモテ原理でしょう。

 

オタサーの姫は、モテました。明るいグループの女とは異なり、オタクにとって話せるヤツだったのです。1つ土俵を落として、持ち前の察しの良さで、楽してモテようとしたのです。

そんなオタサーの姫も、オタサーの姫という言葉として、オタサーの姫という意味を表現するアイコンとして定着しました。

そしてオタサーの姫という1つの言葉が定着した今、オタサーの姫のコスプレをするコスプレイヤーなどが生まれつつあります。オタサーの姫が持っていた腹黒さや、実はあんまり可愛くないなどの不満点を理解し、利用する形でモテようとする女、アンチオタサーの姫がモテる時代が来たのです。

 

流行したモテは、さらに次のモテへと連鎖する。この時代の流れは変わらないのでしょうね。

 

それでは。

 

非無非モテ男(ひもておなきにしもあらず)

 

 

 

 

 

 

 

 

時代は、流れていく。ずーっと。

 

 

 

非想非非想天(ひそうひひそうてん)

 

 

ポジティブ・イラマチオ

 

イケイケの男女グループ、5人組が、歩道を闊歩してゆく。

 

「あたし、人のブラジャー服の上から外すの上手いんだよね〜」

 

「え、ちょっとやめてよ〜(笑)」

 

「俺も上手いで!(笑)外すもつけるも自由自在(笑)」

 

「え、じゃあちょっとやってみる?(笑)」

 

「や、ここではマジでヤバいから(笑)」

 

---

 

(笑)を読んで、読み手はどう捉えるだろう。

 

(笑)という記号は、単に笑みを浮かべるという意味合いに留まらず、ヘラヘラしている様子が思い浮かばれると思う、(笑)は、馬鹿同士の会話の薄ぺらさを象徴するアイコンとして確立された。

 

ウェイの人種が常用している点から始まった(笑)という記号の意味は、もはや使い手から独立して、一人歩きをはじめた。

 

(笑)という無二の表現ツールとして独立した瞬間であった。

 

---

 

 

さて、私の同級生が中学教諭になり、教え子の中学一年生の女子生徒と車でドライブデートをし、車内でキスをし、懲戒免職一発アウトになったことからも分かるように、しばしば、女の若さはステータスになりがちである。

 

しかし、なんの経験もないペラッペラの女をいくら抱いても、一切の意味が無いのである。

 

すぐヤレる女を何人かき集めてみても、なんの意味もない。

 

私は、理解した。

 

30歳を超えて、豊富な知識、経験など含蓄のある女に、イラマチオをしてこそ、であると。

 

私は、理解している。

 

40歳を目前にしたババアに、無許可で。

 

私は、全てを理解しているのだ。

 

日常化したセックスへの飽きから来るイラマチオではなく、最初からのイラマチオを、白髪染めした後ろ髪をガッチリと捕まえ、バッキバキに怒張したペニス(笑)をキメてこそ、価値があるのだということを、ね。

 

 

僕の父は携帯電話を持たない

 

生まれてこのかた持ったことがない、というわけではないらしい。

20年ほど前、ちょうど携帯電話が普及し始めた頃に、会社から支給された携帯電話を持ったことがあるみたい。

 

その時に、休憩時間も、帰宅してからも、会社から、または取引先から、いつ鳴るとも分からない、それがトラウマになっているらしい。

 

家の固定電話もあるし、PCでメールもするから、必要最低限の連絡手段はある。

それでもLINEじゃなくメールや電話で連絡してきてくれるやつは、わざわざ申し訳ないなあと思う、と言っていた。

 

そんな父のことを私は羨んでいるのだ。

 

なんとなくみんな持ってるから、みんなやってるから、スマホをポチポチいじって、馴れ合いの果ての、更にその向こう側にスタンプを送り合い、SNSの承認地獄に飼い慣らされて、いいねはインフレ、社会となんとなく接続されているような気だけ得て、生かされているのだ。

 

携帯電話など本当は持ちたくない。持つ意味がない。

早く田舎で自給自足の生活を送りたい。

電波のまったく届かない田舎で、大型犬を飼って、散歩を日課として、偶に小説を書き、探偵の真似事をし、余命いくばくかになって、コールド・スリープ・カプセルに入り、眠りにつきたい。

1000年後とは言わず、100年後くらいの世界を、何か大きく超自然SF的革命が起こっていることを予期しつつ、それでいてやっぱり大きな変化はない世界の景色を、この眼にぼんやりと映したまま「やっぱりね」と平静を装いつつ、肺とみぞおちの間に冷たい風が入り込んだような、焦りと高揚と消沈の交ざった嘆息を漏らして、永遠の眠りにつきたい。

 

 

それか、仏門に入るか。

 

 

私に一件のメールが届いた。

平生より、私は、大学からのメールとDMMからのメール、それしかまともに利用していなかった。

私のメールBOXへと送り込まれてきた、その赤紙とも言えるメールは、私の人生を大きく変えることとなった。

 

2013年5月9日

私に一件のメールが届いた。

差出人はFacebookだった。

これがすべての始まりだった。

内容を見るに、私の知人が私名義のアカウントの投稿に、いいね!をつけたようであった。

しかし私にはFacebookを登録した覚えが全くなかったのである。

 

私はFacebookは元より、実名性を伴うSNSをいたく嫌っている。

自分という個を、良く見せたい、良く思われたい、その一心で生活を送り、いいね!に奔走する様は滑稽だと思っていた。

また、そう思わずには、自分の醜さ、妬みや僻みに潰されてしまう程でもあった。

自己の防衛方法としてFacebookを遠ざけ、こき下ろすことしか知らなかったのである。

 

すぐさまFacebookから届いたメールにあるリンクを開き、投稿を確認した。

私が、大学の知人達とバーベキューをした旨の投稿をしていた。

 

いいね!は8件ほどついていただろうか。

もちろんFacebookに登録していない為、そのような投稿をした覚えはなかったし、バーベキューに参加した記憶どころか、そのような会合があったことさえ知らなかった。

投稿にはその日撮影したと思しき写真も添付されており、何度確認してもそこには屈託無い笑顔とピースサインで映る私が居るのであった。

 

未だ嘗て感じたことのない、強烈な違和感と不信感に襲われ、血は熱く、鼓動が速くなる。

焦る一方で、この私の周囲に映るのは大学の知人達だから、以前から計画立てて、この連休に出掛けたのだろうか、などと冷静な分析をする。

分析を進める次第に、この写真に映るうちの誰かが悪ふざけをして、名前を私のものと騙っているように思えた。

また、そう思わずにはいられなかった。

なんとか合理的なもので、この目の前に起きた現象を理解したかったのである。

このような参加していない場所に、私は名前を使われて、嗤われているのだと思いたかった。

そう決着をつけてしまうことの方が、私にとってありがたかったのである。

だが、バーベキュー写真に映るその私は、普段より髪型も服装もマシな身嗜みをしたその私は、笑顔で以ってこの私を苦しめるのであった。

 

その日は、誰かのイタズラであろうと思い込むことにした。

画像の合成か加工であろうかとも考えた。

はっきり誰とも思わず、しかし誰かのせいとしてこの事件を片付けたかった。

このような手の込んだことを、私に対して仕掛けてくる意図も心当たりも全く分からず、ただただ不気味、不信感と、何と無く嫌な気に苛まれ、思考は堂々巡りであった。

そのバーベキュー写真の中の一人に連絡をして聴けば良かったのだが、私は臆病だった。
私に非があると決定付けたくなかったのである。

 

今思えば、この時よく思い直すべきだった。

 

記憶喪失になりたい

注意:この記事はフィクションです。

 

-----

 

此の、此れ、此処にはもう、あることしかない。

知ったし、考えたし、やりすぎた。もうなくなった。

辛いことがあったとか、忘れたい過去とか、メンヘラとか。なまぬるい空気も、すれ違う女のにおいも、リーマンの話し声も、もう全部ある。

世の中、という言葉もあって、ブログ、というメディアもある。思慮の浅い深いも、気遣いできるできないも、あることしかない。あるんだ。あるんだよ。あるんだよね。あるんだよね〜〜〜〜〜〜〜。

やり尽くされてるというか、もうある。既にあるという、既にということとは少し違うけれど、ある。此の世にはあるしかない。

ボコボコにカツアゲされる想像も、ギチギチに激詰めする空想も、オンナをぶん殴るシミュレートも、自撮りする外国人観光客を殺す算段もある。空虚な、自己完結された、まだ明らかになっていないものも、もうあるものからある。

過去に耽ることも、未来へ馳せることも、もうある。

会話も、何者も、何故も、もうある。

分かったとも知っているとも違う、あるという事実、現実は、私の主観を、私の脳を抉りました。

もうないものなんて、3つある。

記憶喪失になりたい。やりすぎた。なくなった。もうないよ。

調べればすぐにわかることだけではなく、調べてもわからないことだって、あるとしか言えない。

まだないものなんて、3つあった。

 

2017 6 22

 

花太郎と私

 

質の高いオナニーがしたい時、私は花太郎へ行く。

個室ビデオチェーン金太郎・花太郎グループ。

ショート60分400円 (延長30分550円) である。

 

この60分は戦いであり、一分一秒が惜しいのである。

それを見越した店側の配慮であろう、受付の前にAVを選別することが出来るのだ。

6作品、AVを選ぶことが出来るのである。

 

 

よく考えてみてほしい。

受付の前にAVを選ぶというシステム。

 

一見、なんと深慮遠謀なるシステムであろう、君子よ、この世に蘇りし神よ、そう思うやもしれぬ。

 

このシステム、受付のオッサンに自分が選別したAVを見せなければならないのである。

そして私が選別したAVは、私の情報と共に花太郎データベースへと送られるのである!

 

なんということだろう。

おお、なんということだろう…。

 

ヘラヘラしながら、好みのAV女優を3本、好みの企画モノを3本…。

そんなチョイスをした日にゃあ!!!

なんと俗物なことか、なんと愚鈍なことか!

受付のオッサンには「つまんねー性癖してんなこいつ」と軽蔑されることだろう。

すれ違うリーマンには「しょうもねぇ奴だな」と一蹴されてしまうことだろう…!

花太郎グループ本部からは「まぁこんなもんだろうな、分かりやすくて助かる」と舐められてしまうことだろう!!

 

何より私は、恐れているのである!

私の性癖という、文字通りの急所を、赤の他人に露呈することが、この上なく恥ずかしく、恐ろしいことだと、私は考えているのである!

私がネットリと時間をかけて選択したAVは、私のネットリとした性癖は、とても柔く、とても脆い、私のネットリとした弱点は、無数の人々によって抉られるのだ!

私の性癖は、私の内面、思想、主義、信条、そして私の人生!その全てを隅々まで余す事なく舐め回すように眺められているのである!!

 

こう考えると、私は羞恥から震えてしまうのだ。

指摘されれば、もう私は為す術もなく、ただ顔を臥し、全裸で跪いて、こう述べるしかない。

 

「私はこういう人間なのです…。ここには、これだけのポルノが収集されていながら、私めは、『Rioの一泊二日言いなり温泉旅行』でシコるような、性癖になんの変哲も、面白みも、ユーモアセンスもない猿なのです…。ごめんなさい、ごめんなさい…。」

 

 

 

私は、私の性癖から、私のオナニーのために3本。

どえらいAVを、「ナメんなよ」と、カモフラージュに3本、借りているのである。

「ベンピン」の夢を見た

 

昨夜から今朝にかけ、「ベンピン」の夢を見たのでここに記して置く。

 

生来、臆病な少年である自分にとって、夢は異郷である。

 

自分の夢の中では、よく知っている場所に、よく知っている人が登場する。

だが、そんな夢の中に "自分だけが知っている事柄" が必ず登場して、そしてそれは誰にも理解されない、という構図が殆どである。

 

"自分だけが知っている事柄" – たとえば、動物のネコのことを、「ネコ」と呼ぶのだ – と云うようなものである。

簡単なことのようにも見える。然し、顔も見知った面々が、揃いも揃って「ネコ」というコトバを知らないとなると、どうも怪しい。

 

別の夢では、こんなことがあった。

恐らくは江戸時代であろうか。この城下町では、もう後ひと月ふた月もせぬ内に、米の独占を巡って、打毀しが起こる、そう自分だけが知っていた。

自分の訴えを聴いた、奉行を務める三人の知己は、直を直と認めぬ。結果的に自分は敗走、事の顛末を見届けず、地方へと疎開する。そういう内容の夢である。

 

夢の中の世界でも、自分は夢の世界のあらすじを捻じ曲げることはできない。善処はするが、幾度となく "やり直しても" 無力感と徒労感に襲われるのみである。

必死に説明しても、誰にも理解されないのだ。まるで並行する可能性世界線で、自分だけが、良く良く知っていて、それでいて、似て非なる世界に突き飛ばされてしまったかのような錯覚の眩暈を感じながら、いつも夢から醒めるのである。

(分からない、此の様な夢の印象ばかりが深く、ほかの夢をさっぱりと忘れてしまっているだけかも知れぬ)

 

 

夢の中の世界では、孤独で臆病な世界を巡る自分であるが、その中で取分け自分が好む夢がある。それが「ベンピン」の夢である。

 

「ベンピン」とは、存在しない言葉である。架空の言葉。漢字で書くと「鞭併」と書くらしい。

 

夢の中の自分が、もっともらしく使う「ベンピン」という言葉。

べんぴつ(鞭筆)(この言葉も多分ない)という、とても高級な筆と、中国語の発音のピンイン(併音)の意から成る言葉である。

言葉、文章の見た目と発音が良い時に用いられる。

「鞭併がいいね」「鞭併だけはいいね」と云うように用いるのだ。

 

自分はこの「ベンピン」の夢をしばしば見るのだが、夢の世界の中で、自分だけが、当然、本当にさも当然のように「ベンピン」という言葉を使う。

或る人が「便秘のこと。」と言う。

その都度、自分は毎回躍起になってこの説明をするものなので、成り立ちから意味まで、覚えてしまった。

 

 

何故、わざわざ存在しない言葉を生み出してまで、自分に異郷が如き夢を見せるのか。夢というものは熟々理解し難い。

夢は深層心理の反映となると、では自分に潜む此の異質な感覚は、どのように捉え直せば良いのだろう。

それとも、此方の世界が、知らぬ間に異相の姿へと変容しているのだろうか。夢から覚醒して辿り着いたこの世界は、元の世界の並行世界というべきものか。

だとすれば、愈々以って面白い、「ベンピン」のあった世界で就寝し、夢を見て、覚醒してすると、自分と「ベンピン」だけが今の世界へと送られてきたのだ。

 

何にせよ、「ベンピン」という言葉と夢を、私はいたく気に入っているのである。