金曜日の支配者たち

 

「じゃあな」

「お疲れ様ですー!」

 

上司は夜の街へと消えて行った。

男はそれを見送った。

 

上司というのはそういうものなのだ。

居酒屋、キャバクラ、ガールズバー

三軒をハシゴした挙句、上司は風俗店へ向かって行った。

 

男は上司のことが嫌いというわけではなく、むしろといった感じで、時に感情的に、時に自嘲気味に、上司の笑いを引き出して機嫌を取るのはまんざらでもない心地がした。

キャバクラでは、どの嬢よりも場を盛り上げたし、ガールズバーでは完全にハズレ、シュレックみてぇな女の家庭料理にまつわる講釈も聞き流した。

だからこそ会計が21000円で、「んじゃ俺、大きい方出すから」と言って1000円を負担させられたのは癪だったが。

 

なんというか、そのあたりの、上司の隙というか、上司を見下せる余地が微妙に残されているために、大きな苛立ちを抱えることには至らなかった。

 

 

---

 

 

大阪梅田行きはおろか、桂行きの最終電車の時刻はとうに過ぎていた。

 

男は、ふっと冷静になって、インターネットカフェか、個室ビデオ店にでも転がり込む算段を立てようと、取り敢えず喫煙所へ向かった。

 

Yシャツの胸ポケットに、逆向きで入ったタバコは、中身を確認すると空箱だった。

自分の耳にも届かないほどに軽く舌打ちをし、コンビニを探すために視線を上げると、見憶えのある女の姿が目に留まった。

 

同じ会社の後輩ちゃんだ。

身長は155cmくらい、艶やかに伸びた黒髪をヘアゴムで留め、スラっとした右手の中指には翡翠のシルバーリングを着けていた。

普段はテキパキと仕事をこなす彼女の、タバコを挟んだ左手が、ゆっくりと口元へ運ばれる。

その姿はとても色っぽく、新鮮だった。

 

そんな知らぬ仲ではない人間の、意外な一面を見たことで舞い上がった男は、後輩ちゃんに声をかけていた。

 

「タバコ、一本もらってもいい?」

 

「はい、かまいませんよ。」

 

後輩ちゃんの反応は、男の予想しているものと大きく違っていた。

普段から男は、相手の発言をある程度想定して、予定調和的に会話をするタイプだった。

驚かせようとして、逆に少し面食らったが、表情には出さないようにして、男は会話を続けた。

 

「驚かないの?」

「はい。ずっと気付いてましたから。ずっと」

 

そう言うと、後輩ちゃんは自分が吸っているタバコを口元に咥えて、空いた左手で男へタバコの箱を差し出した。

 

「火、つけましょうか」

「いや、大丈夫、ありがとう。それより」

 

それより、なんだろう。

男は、後輩ちゃんが、回りくどい言い回しが好きじゃないのだろうなと、なんとなく感覚的に洞察した。

だとすると、尋ねるべきことは一つだ。

 

「始発まで一緒に、どこかで時間を潰そうか」

「落ち着いて、2人きりで話せる場所がいいです」

 

夏の夜の、湿気を含んだ生暖かな空気は、性の匂いを感じさせた。

 

 

---

 

 

2人を乗せたタクシーは、上司から離れた場所にあるラブホテルの前で停まった。

割増の運賃を受け取った運転手は、眉ひとつ動かさなかった。

 

ホテルの受付にて、タッチパネルで選んだ部屋に入った。

 

扉を閉めるやいなや、男は後輩ちゃんの背中に手を回した。

後輩ちゃんは、それを拒まず、瞼をゆっくりと閉じた。

キスをしながら、男は後輩ちゃんの腰を寄せ、こんなんなってんぞ、チンポこんなんなってんぞ、というふうに宛てがった。

 

先にシャワーを済ませた男は、ベッドに腰掛けて、最後の決断を迫られていた。

一晩の快楽と人間関係、どちらを取るか。

しかしここまで来てしまっては後戻りもできまい。

 

シャワーを終え、髪を下ろした状態で、後輩ちゃんは出てきた。

こちらへ歩いてきて、隣にちょこんと座った後輩ちゃんを、男はベッドへと仰向けに押し倒した。

 

そして顎下に跨り、イラマチオの姿勢を取って、ゆっくりと口の中にチンポを挿れた。

 

腰を打ち付けるスピードは速くなり、次第に激しくなっていった。

しかし、男は快感を得ながら、同時に、強い違和感を覚えていた。

 

後輩ちゃんが、苦悶の表情を浮かべないのである。

涙と、鼻水と、涎とで、顔がぐっちゃぐちゃにならないのだ。

 

男は腰を引き、尋ねた。

尋ねてしまった。

 

「平気なの」

 

後輩ちゃんはゆっくりと口を開いた。

 

「はい、私は、生体アンドロイド」

 

 

---

 

 

「引き継ぎを完了しました」

「再生を終了します」

 

 

男の右手の中指に着けられたリングは、まだ鈍色に澱んでいる。

 

 

愛憎のポケットWi-Fiルーター

 

男は、バンドマンで、ベーシストだった。

ライブで知り合ったファンの女と交際していた。

 

女は、前髪パッツンで、メンヘラだった。

夏でも黒い長袖を着ていた。

 

 

男は、交際が始まって1ヶ月の日に、女へのプレゼントにレザーのチョーカーを贈った。

女は、それをとても気に入り、風呂に入る時以外はずっと着用していた。

 

女は、5年前から自傷癖があり、腕には傷跡が多くあった。

男は、それを受け入れ、愛したように振る舞った。曲も作った。

 

 

男は、しばしば浮気をした。

ファンの女を取っ替え引っ替えした。

 

女は、それを受け入れられなかった。

自身との交際もファン抱きから始まったものであったが、特別な存在になりたかった。

 

 

男は、夢を追っていた。

女は、夢を応援していた。

男は、女に寄生していた。

女は、ガールズバーで働いていた。

 

男は、携帯代を女に払ってもらっていた。

女は、ポケットWi-Fiルーターを契約していた。

男は、女のポケットWi-Fiルーターに、自動で接続されるように設定していた。

女は、自分のポケットWi-Fiルーターのネットワーク名を、男と女のイニシャルと、交際記念日を組み替えた名前に設定していた。

 

 

男は、ライブ終わりに、ファンの女の家へ向かっていた。

女は、後をつけていた。

男は、スマホWi-Fiに自動接続されたのを見て、後をつけられていることを確信した。

女は、男の愛を、試していた。

 

 

 

そして

女は、自殺した。

 

男のスマホは、いまだに、あのWi-Fiに自動接続されるという。

頭隠して尻隠さず

 

女はツイートアクティビティの話をしない。

女のちょっとHな自撮りツイートのツイートアクティビティが見てみたいのに。

 

これはあくまでも可能性としてよ。女は、もしかすると見ていないのかもしれない。ツイートアクティビティ。いいねの数すらも見ていないかも。

 

本当に?見てないの?じゃあ何のためにちょっとHな自撮りのツイートしてるの?

 

ただの自撮りツイートじゃないのよ。勘違いして欲しくないのは。ちょっとHな自撮りのツイートね。ただの自撮りツイートを追い詰めるのは、まだ無理よ。「周りの女の子に見せるためだけに〜」って言い逃れるから、それはどんな敏腕検事でも無理無理。

「では何故!鍵垢にしないのですか!」これ言ったら女は泣いちゃって、それで閉廷だから。女の涙は憲法だから。

 

男性的思考からすると、自分のツイートに反応されている数字、これこそが承認欲求を満たすのかなと考えちゃうし、逐一確認してるんでしょって思う。一回ツイッター閉じて、何を買うでもないメルカリなんかを眺めて、またツイッター開いてさぁ。メディアの再生数が4桁を超えてきたりすると、これはもう複数人をシコらせたな、とニンマリしてるだろ。この私が、見ず知らずの男性をシコらせたんだわ、という優越感に浸ってる。そうに決まってるよ。

 

もうさ、そういう話をしたっていいじゃない?

だって既にちょっとHな自撮りのツイートはしてるんでしょ?ツイートアクティビティの話をしたって良くない?良くないですか?

ツイートアクティビティを気にしていることは、それほどまでに恥ずかしいことですか?ちょっとHな自撮りのツイートの方が恥ずかしいよ。お父さんとお母さんに見つかるならどっちを選ぶ?

 

普段のツイートとのギャップもあるのかなとは思うけどね。家事疲れましたのツイートアクティビティが2桁で、ちょっとHな自撮りのツイートアクティビティが4桁ってなってくると、まぁ確かにね。女の矮小な脳味噌でも理解できるもんね。自分の価値は一体なんだろうって。それでまた繰り返しちゃうのかもしれないね。

Hな自撮りのツイート。最初はおへそまでだったのに。今はお尻まで見えちゃってるよ。お大事に。

 

 

情けは人の

 

グループでの研究発表があった。

 

内容が少し特殊というか、音声や動画を用いて発表するのが妥当だと思えるものだった。

 

グループの構成はというと、男2人(僕を含む)、女2人の4人グループだった。

 

グループで議論した結果、ごちゃごちゃするのも避けたかったので、発表は内容を4分割して分担することに決まった。

 

発表が難しそうなところ、後半部分は男2人が請け負った。

 

なぜなら、女は忙しそうにしたから。

女は忙しそうにしたがるから。

 

 

---

 

発表の前日も過ぎた、半日前に差し迫った頃。

僕は自分の担当している範囲を既に終わらせていた。風呂に入って寝ようとしていた。

 

女から連絡が来たのである。

「まだ起きてた?」

「発表まにあわない」

 

正直なところ、無視して寝てしまおうかという気持ちもあった。

しかし、自分の発表の足を引っ張られるのも嫌だった。

 

僕は、返信してしまった。

「今どういう状況で、何が終わってないの?」

 

女からの返信はこうだった。

「この時間までバイトしてて今かえってきた」

「ぜんぜんおわってない」

 

お前が置かれている状況は聞いてない。

お前が担当している分の発表の状況を聞いてるんだ。

 

「とりあえずデータをまとめて、音声を出しとけば、形にはなるんじゃない?」

 

「ごめん、音声が見つからなくて…。」

「送ってほしい、拡張子はなんでもいいから!」

 

拡張子はなんでもいいという、その的外れな気遣いはなんなんだ。音声ファイルを、mp3以外で送ろうと思ったことはない。

それで譲歩しているつもりなのか。それでこっちと交渉できるという算段があったのか。

あと、まだ起きてた?じゃないからな。夜分遅くに失礼しろ。

 

やり取りに嫌気がさしながらも、幸い、必要な音声データは手元にあり、また女2人でどちらかといえば顔が良い方の女だったこともあったかもしれない、僕はすぐに音声ファイルを送信した。

 

「情けは人の為ならず.mp3」

 

「ありがと!!!」

「(犬の絵文字)」

「ファイル名なに?笑 わろたww」

 

こいつ無敵かよ。

 

 

---

 

発表は及第点の評価で済ませ、4人で打ち上げに行く運びとなった。

週末でも予約せずに入れるような、しょうもないお好み焼き居酒屋に入った。

 

僕が発表を手伝った女は、特に手伝ってもらった話をする気もないようだった。それに対して僕も、別に良い気も悪い気もしなかった。

ただただ発表が間に合わなくなった原因の、アルバイトがいかに辛いかという話を長々としていた。

 

「週3で入ってて、夜遅くまであって、シフト通りに切り上げられなくて、残業代も出なくて、人間関係もややこしくて、とにかくめちゃくちゃ大変で…。でも、時給が良いから頑張る…。」

 

それをもう1人の女、どちらかといえばブスな方の女が熱心に聞いてあげていた。

偉いな、と思った。

 

もう1人の男は、時々あいづちを打ちながら、ずっとスマホをいじっていた。

 

僕は普段飲まないようなハイボールをたくさん飲んだ。

 

 

結局その女のバイトの内容については明かされなかった。

というよりは、なんとなく、明かさないで、というような空気感だった。

 

女の悩み相談は助言や改善を求めている訳ではない。ただ共感して欲しいだけなのだ。

そんな内容の記事をNAVERまとめで読んだ記憶があったので、特に深入りはしなかった。

 

 

---

 

会計を割り勘で済ませ、もう1人の男と、どちらかといえばブスな方の女は、乗る電車の方向が逆だったこともあり、駅で別れた。

向かいのホームから出発する電車を見送った僕と女は、特に何を話す訳でもなく突っ立っていた。

 

すると、少し酔いも回ったのか、顔を紅潮させた様子の女が、こちらに腕を絡めてきたのである。

女は、僕の左肘に胸を押し当てながら、少しだけ背伸びをして耳元で囁いた。

 

「手伝ってもらったお礼も兼ねて、二軒目、行かない?」

 

僕は瞬時に、やられた、と思った。

誘われた以上、返答する義務が発生してしまった。

 

向こうにはお礼という大義名分がある。それを断るには、自然な理由で、なおかつ、この女の自尊心を傷つけることのないような理由が必要になった。

僕にそれだけの良識があったのだろうか、上手い返答が思いつかず、また段々と断る理由もないような気もしてきた。

 

そして僕は、苦笑いしながら親指を立て、しぶしぶ快諾したのである。

 

 

---

 

駅員に頼んで入ってきた改札を戻り、二軒目はその女の行きつけのバーに行った。

 

カウンターしかないこじんまりとした店内に、客は老夫婦が一組のみだった。

僕と女はその老夫婦のちょうど対角線の席に通された。

 

着席してすぐに、女は「いつもので!」とオーダーした。

女の思惑通りであれば、僕はまたもや、やられた、と踊らされるところだった。しかし、こういうこともあろうかと、僕はバーで頼む酒を一種類だけ暗記している。

 

「注文、ゆっくりでいいよ??」

 

「いや。メーカーズマークを、ロックで」

 

ほんの少しだけ誇らしげな気持ちになり、しかし表情には出さないように気を引き締めた。既に戦いは始まっているのだから。

 

目の前にグラスが置かれた。乾杯を済ませて、好きでもなければ思い入れもないバーボンを、ちびりちびりと飲む。

鼻の骨までアルコールの匂いが堪える。ああ、無事に帰ったら、今度は違う横文字の酒を暗記しよう…。

 

僕がチェイサーを半分ほど飲んだ頃、女がゆっくりと口を開いた。

 

「あたし、彼氏がいるんだけどさ。…12コ上の彼氏。」

 

これは想定内のカミングアウトだ。しかし12歳差か。ちょうど一回り上で、干支も同じじゃないか。

干支が同じということが何故だか面白く感じて、つい笑い声が漏れてしまった。

 

「ふふっ」

 

「何笑ってんの?」

 

「いや、彼氏と干支が同じなのかと思うと」

 

「干支は違う。彼、早生まれだから。」

 

干支は違った。

 

「彼は結構有名なミュージシャンっていうの?今全国ツアー中で、それで忙しくてなかなか連絡も無くて…。」

 

「たまにSNSの更新があると、『ファンの子全員愛してるぜ!』みたいな感じで。それで不安で寂しくて…。」

 

ああ、なるほど。これは想定外だった。

しかし考えてみれば当たり前じゃないか。あちこちに伏線は散りばめられていたじゃないか。

何故気付けなかったのかという反省と、見事なまでの伏線回収の余韻に浸っていると、どうにも言ってしまいたくなってきた。

 

言ってはいけないと冷静に理解しながら、だからこそ、言いたいという気持ちは昂ぶってゆく。

言いたい。言ってしまいたい。そう思ったが最期だったのかもしれない。

想いは魂となり、力ある言葉となり、僕の口から出ていった。

 

「模範的なセフレじゃねぇか」

 

 

これはしまったなと思ったが、同時に、清々しい気分でもあった。

女の反応はおおむね予想と違わぬものだった。

 

「最低!!」

 

女はバン!と机を叩き、バッグを持ってそのまま店から出て行った。

 

 

---

 

ドアの開閉に伴う、カランコロンという音と、シックな洋楽だけが店内に残った。

老夫婦は少し驚いている様子だったが、すぐにニヤッと笑ってみせた。若いモンはええのう、と言いたげなふうに。

マスターは困ったような顔で、しかしすぐに自分の職務を思い出したのか、拭きかけのグラスを置いてこちらへ歩いてきた。

 

 

「すみません。お代はいくらでしょうか」

 

僕も店を後にした。

情けは人の為なるべからず。

 

もしもギアスが使えたら?

 

「もしも絶対遵守のギアスが使えたら?」

 

 

深キョンとHするだろ。

 

 

コードギアス、めちゃくちゃ流行ったし、その勢いは衰えるどころか、劇場版三部作公開など、現在もなお流行り続けてる。

 

テレビ放送当時、思春期真っ只中の俺は、コードギアスを観ていなかった。いや、存在は知っていたし、その後に放送するガンダムOOを観るために、4チャンを点けていた関係で、厳密に観てなくはない。何となくロボットが戦ってて、水着の子と赤髪の子がシャワー浴びるってのは知ってた。月刊ホビージャパンも読んでたからさ。そういうお色気シーンがあって、フィギュアも出てるんだって、俺は知ってたよ。知ってたけど、ついこの間までやってたガンダムSEEDがさ、ちょっとHだったじゃん?だから、親もいるリビングでそれ観るのはさ、憚られる思いもあるって、汲んでくれよ。天津木村のエロ詩吟でも本当は声を上げて笑いたかったじゃんか。ね。

 

で、そのコードギアスの主人公が、相手にどんな命令でも従わせる能力があることも知ってた。目を見なきゃいけないってのも、1人につき1回までってのも知ってた。

 

当時、デスノートを手に入れたら、どうすれば深キョンとHなことが出来るか、俺も深キョンも殺されず、どうすれば深キョンとHなことが出来るかを妄想していた俺としては、もしもギアスが使えたら?なんて申し出は、願ったり叶ったりだった。まさに夢のようだった。

 

深キョンに直接ギアスをかける場合、まず深キョンの目を直接見ることが条件だった。そして何を命令するか?たいていの場合、深キョンの周りにはマネージャー的な、付き人がいるだろうから、その人に不信感を抱かれたら捕まってしまう。どうしよう。そいつにもギアスをかけるか?

あと、深キョンは多分、東京にいるだろうから、東京に行くまでの交通費もネックになってくる。それもギアスでお金を稼ぐか?

 

 

面倒くさいな。俺は挫折した。

 

その日は、ほしのあきでシコって寝た。

 

だって、それが大人になるってことだと思うから。

 

マン毛

 

深夜のコンビニ、一つだけ売れ残ったホットスナックを指差し。

アルバイトのマン毛は気怠そうに見送り、だが今はそれがありがたかった。

 

ドオンと辺りは静まり返っていて、時折トラックかタクシーかが通過する音が、あちらこちらのマン毛から聴こえてくる。

(それは僕が現実と確かに繋がっていることの証しでもあったか。)

 

春のなまぬるい闇の中に、入り混じるように歩いてゆく。俯いた姿勢の僕には行くアテもなく、首から肩までしぼめて。止水栓とマンホールと、路側帯を示す剥がれかけの白線とを、ぼんやりと視界に収めたまま、右手に提げたレジ袋には、まだホカホカのマン毛が入っていた。

 

飲みかけのマン毛を置いて、君は僕に告げた。

君の表情には、イマこの時を以って、僕との過去に訣別し、新たな道を歩こうという意思がはっきりと見えた。清廉な、凛とした美しいものだった。サヨナラは未来へのIライン。春はマン毛の橋渡し。

 

 

僕は君の為ならば、何だってやってきたつもりだった。食べるマン毛に、飲むマン毛。読み解くマン毛。時には、勝つマン毛だってあった。そして何より、愛したマン毛。

こんな記憶にばかり想いを馳せる僕は、自分自身に嫌悪感を抱く。進んで行く君に対して、過去にしがみついているようで、酷く惨めに、滑稽に、女々しく思えた。

 

僕は歩みを止める。涙が一筋、頰を流れ落ちたからだ。弱さと脆さとを恥じることに苛まれる僕は、ここで先に購入したマン毛の存在にやっと気付いた。

コンビニで購入した、残り一個売れ残っていた、マン毛。

 

 

 

はぁ〜〜〜??何故、マン毛?

なんでこんな時に、僕はマン毛なんか買ったんだ。なんで、なんで。此の期に及んで、僕はまだ、マン毛にすがらなきゃいけないのか。頭がイカレてる。

 

責めるべき対象を自身からマン毛へすげ替えた僕は、その場でマン毛を捨てようとした。マン毛を地面に叩きつけて、マン毛を踏みつけようとした。マン毛がマン毛と分からないようになるまで・・・が、それは遂に叶わなかった。

 

それどころか僕は、叩きつけようとした右手を、左手でそっと包み込みました。

後生大事にマン毛を抱えて、駆け出したのです。

 

 

築50年のぼろアパートに帰宅した私の背中には、じゅんと汗が染みていました。

しかしそんなことはお構いなく、一目散にリビングへと向かいます。机に散乱した、目薬やらガムやらノートパソコンやらを、逆テーブルクロス引きの形で床に落とすのです。

 

 

そうして、他に何も物が乗っていない、空にした机の上に。

私は、マン毛を、うやうやしく置きました。

 

 

私は、マン毛を、うやうやしく置きました。

マン毛を、そうっと。安置したのです。

 

 

その通りです。ご明察の通り、私は射精しておりました。

春の闇夜に紛れ込み、花の香りに抜きん出た、白く儚いソメイヨシノ。満開で、天晴れに御座い候。

 

机に佇むマン毛は、まだほんの少しだけ暖かかった。

 

 

パワポケ好き

 

パワプロクンポケットが好きだ。

パワポケ7、パワポケ9、パワポケ10が特に好きだ。

 

パワプロクンポケットのサクセスが好きだ。

ストーリーが明快なパワポケ13やパワポケ5は初心者におすすめである。

また、SF的世界観のパワポケ12、パワポケ11もおすすめである。

(※パワポケ11はパワポケ10の続編にあたるので注意)

 

 

野球部員に自己を投影しサクセスストーリーを歩むのが好きだ。

どの彼女候補と懇ろになるかを選択出来ることも好きだ。

何十、何百周とプレイしなければ気付かないような、細やかなイベント及びテキスト量、やりこみ要素が好きだ。

ナンバリング間での伏線回収や繋がり、1次元上がったメタ的視点が好きだ。

CERO-Aにもかかわらず、しあわせ草や弾道イベントなど、違法薬物や性交渉を暗に喩える姿勢も好きだ。

 

パワプロクンポケットを人生のバイブルと崇め、狂信的に信奉すらしている。

 

 

しかし、パワポケ好きは、他のパワポケ好きと繋がろうとしない。

繋がることができない。

繋がり方が分からないのである。

 

子どもの頃、周りの人間がスマブラだのエアライドだのをプレイしていた頃、パワポケ好きは、家で一人きり、ずっとパワポケをプレイしていた。

そうして培われた、歪んだ語彙力と読解力は、歪んだ人格形成に影響を与えた。

 

現実世界にヒーローはいない、誰かと入れ替わることもない。

空き缶を投げつけてくる少女も、攻略不可能のメイドも、抜け目のある生徒会長も、いない。

クラスの隅っこの方で、電脳野球編の育成論を考察するばかりでは、満足に社会性も身に付かずに、今もなお、広大なインターネットの隅っこの方で「パワポケ好きの俺を見つけてくれ…」と。

 

失われた青春は戻ってこない。

熱い血潮の友情パワーを発揮することはない。

人生は一度きり、「はじめる」は無いのである。

 

 

パスワード

おてて ててて ててて ててて ててて

ててて て