読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「エンドレスエイト」の思い出〜思春期が僕たちに教えてくれたこと〜

 

 

中学2年生の夏。

僕はサッカー部に所属していた。

 

今思い返すと、公立中学校の部活動にしては珍しく、毎週末のように他校との練習試合を組まれていた。

顧問の先生に、同じサッカー部の顧問の先生の友達が多かったり、とにかく横の繋がりが多かった為だ。

土曜日も日曜日も練習試合で他校に向かうということもしばしばあった。

 

僕は、練習試合の度に、昼食代として500円を親から支給されていた。

しかし、僕は、練習試合の日は早起きをして、米を炊き、おにぎりを自分で握って持って行くことで、その500円をコツコツと貯金していたのである。

 

面倒くさがりな性分の自分が、折角の休日に早起きをしてまで500円を貯め続けていたのはなぜか。

 

当時KBS京都にて、月曜の午前0時頃から放映されていた「涼宮ハルヒの憂鬱」を親に気付かれないように視聴したかったからだ。

より詳細に述べるならば、携帯電話も所持していなかった自分が、唯一自由に使える端末である、PSPワンセグチューナーを購入したいがため、その一心であった。

 

そうして2ヶ月ほど貯金を続けた僕は、遂にPSPワンセグチューナーを購入した。

4000円、5000円ほどの買い物だった。

 

PSPワンセグチューナーを購入して初めての月曜日、僕は入念にPSPワンセグチューナーの動作確認を行った。

自宅が、鉄筋で組まれたマンションの一室であったためか、自室はおろかリビングですら電波を受信しなかった。

しばらく家中をウロウロとした後、国道側のトイレの窓付近であれば、KBS京都の電波を受信できることが判明する。

 

程なくして運命の時は来た。

午前0時。

トイレの窓から見渡すと天気は雨で、夏の夜中特有の暑苦しさと、湿気から鼻に付くムッとした匂いの中。

僕の気分は晩期の開拓者か天体観測者のような、充足感と達成感とに満ちていた。

 

 

 

 

その時に視聴したのが「エンドレスエイト」である。

 

この後、僕は同じ1週間をワンセグチューナーとともに、8回ほど繰り返すことになる。

 

 

 

エロの為なら何処へでも行けた 〜思春期が僕たちに教えてくれたこと〜

 

1.

陽射しが痛いほど照りつけている。

自動販売機の業者が冷たい飲料を補充している。

 

僕が、小学4年生の時、初夏、6月上旬ごろ。

 

僕が、小学3年生の新学期に田舎から街中へ引っ越してきて間も無く、母子家庭であるMくんと仲良く遊ぶようになった。

 

Mくんは学校近くのライオンズマンションの201号室にお母さんと2人で暮らしていた。

 

放課後をドッヂボールなどをして遊び、その後、Mくんの家にお邪魔して、wii sportsなどをして過ごした。

Mくんのお母さんが仕事から帰ってくるまで遊んでいた。

 

 

2.

その日は土曜日であった。

しかしMくんのお母さんは仕事だった。

僕はMくんとマンションの中庭でキャッチボールをして遊んでいた。

 

マンションの中庭では色々な遊びをした。

マンションの柱と柱の間をゴールに見立てて、サッカーのペナルティーキックで競ったりもした。

ボールを蹴るな!と怒られてからは、マンションのエレベータも使った鬼ごっこもした。

マンションで走るな!と怒られた頃、僕とMくんはキャッチボールをすることが多かった。

 

 

とても暑い日で、Mくんは自動販売機に補充されたばかりのccレモンを僕に買ってくれて、家に戻ろうと言った。

 

201号室に戻り、僕が手にしていた、あまり冷えていないccレモンを見かねたMくんは、ガラスのコップに氷を4つ5ついれ、「ん。」と顎を少しだけ出しながらテーブルに差し出した。

 

ccレモンが注がれたコップの、氷がカランと音をたてて溶ける。

僕はMくんの様子がどこかおかしいことに何と無く気付く。

 

Mくんは、おもむろに立ち上がり、ノートパソコンをうやうやしく机の上に置いた。

 

「めっちゃ面白いインターネットがあるねん」

Mくんは、僕の顔色を窺っているようだった。

普段から活発で血の気が多いMくんにしては、改まった申し出だった。

 

(その瞬間の、そわそわする、嫌な予感がする感じは今もよく覚えていて。海馬の奥深くに強烈にこびりついている。)

 

その時の僕は、好奇心に駆られ、Mくんの申し出を快諾した。

そして、Mくんは Yahoo! JAPANの検索ウィンドウに打ち込んだのだ。

 

 

「カリビアンドットコム」である。

 

 

3.

ノートパソコンの画面めいいっぱいに広がった、女体、女体、女体。

 

本能的に、良くないのではないか、危険ではないか、と察してはいたものの、(もっと見たい)という期待から来る動悸や心拍に飲み込まれていった。

 

Mくんは「無料サンプル動画」をひとつふたつ再生してみせた。

 

その内容が、おそらく成人されたであろう女性が、女児用のランドセルを背負い、通学帽を被って、リコーダーを妖艶に舐めあげるというものだった。

 

Mくんは「どや。すごいやろ。」と僕に語りかけてきていた。

 

下腹部に強烈な違和感を覚えた僕は、

「うん。すごい。でもなんかおかしいし今日はもう帰るわ。」

と言い、家に帰った。

 

 

帰り道、こっそりトランクスの中を確認すると、バシャバシャに湿っていた。

 

それを、親に気付かれないようにお風呂の中でゴッシゴッシと洗った。

 

 

4.

その後程なくしてMくんは、お母さんの仕事の都合で転校してしまった。

 

Mくんから教えてもらった「カリビアンドットコム」。

 

僕は家のパソコンの検索履歴の消し方も知らなかった。

それゆえに、一度「パイレーツオブカリビアン」と打ち込んでから、「パイレーツオブ」の部分を消して「カリビアンドットコム」と検索していた。

 

Mくんが教えてくれたこと。

「カリビアンドットコム」が教えてくれたこと。

パソコンの使い方だって、エロから学んだんだ。

 

あの日僕たちは何処へだって行けた。

あの日の僕たちは・・・。

 

 

 

 

エロい女という言葉

 

 

エロい女という言葉から逃げていたように思う。

 

エロい女という言葉をなんとなく避けて、スケベ女とか、エロいい女とか、○○系ビッチとか、もっと定義をずらして、○○女子、○○ガールといった言葉に頼っていたように思う。

 

そのことはとても反省すべきで、なんとなく直球の言葉を使うことを恥ずべきことのようにして来た。自身が自身に課した言葉狩りであった。

むつかしく、たしかに知識の含蓄がある言葉を使うと、自然と斜に構えて揶揄したい方へと流れていってしまう。エロい女でもいいじゃないか。

そんなにバカを分からせようとしなくてもいいじゃないか、高尚な界隈が内々での暗号を用いるような、どうだ!という圧がある言葉、そんなむつかしい言葉ばっか使わなくていいじゃない。

 

 どれだけ地位と名声を得て、エロい女を侍らせて飯を食っても、「美味かったわ」ではなく「美味しかったです」と言いたいな。

チンポ チンポ オンライン

 

チンポにチンポギアを被せて起動

 

---system all green

---online system code "penis"

---チンポ チンポ オンラインを起動します

 

-

--

---

 

ようこそ!

チンポ チンポ オンラインへ!

まずはじめに、あなたのチンポネームを教えてね!

(最大12字まで入力)

 

 

この世界は、7つの勢力に分かれています

あなたの種族は?

マジカルチンポーズ

 

夢と冒険の世界!

ここは、現実世界と仮想空間のチンポが連動している世界!

女プレイヤーと結ばれることを夢見て!

 

第1章 pixivの森

 

 

---

--

-

 

ここが限界だろうな〜と思う、pixivの森までが限界。

チンポチンポオンラインがあったとして、SNSと変わらんし。ツイッターもインスタグラムもチンポマンコオンラインじゃねーか。

いつまでお前らは承認欲求の話ばっかしてんだ。もっとチンポしごいてくれよ。

 

-

--

---

ヘッドギアというか、VRというか、仮想空間へ入り込むのはもう時間の問題とも思えるような、そうでもないような気がする。

分からないし、知りたい。科学者になればよかったかなと思う。脳科学者。ただ、いまひとつエネルギーがなかった。エネルギーがないのだ。そこまで知りたくはないかなっていう。

 

いまひとつエネルギーがないというのはすごく自分の中にあって、なんかとんでもねぇ革命が起こればいいなと思うけど、自分で起こすほどじゃないなと思う。

ネットで聞きかじった知識で観測者づらして、そのくせ日常生活ではちょっと余裕を持たせたがっている。

テスト勉強やってないふりしてみたり、まだこのラインまでは大丈夫だと予防線を張り続けていて、ただ、全力で取り組んでいる人を馬鹿にしているつもりはない、斜に構えているつもりはない、単に、こういう性なのだと思う。嫌だな〜。

生きててもしょうもねぇ〜ことしか起こらないし、けど起こそうとも思ってないし、起こそうと思ってない奴のもとに起こるわけがないし、実際起こって欲しくはないかもしれない。

やっぱり今の生活が良くて、望んでいるようで実際に起きたら困惑するかもしれない。

いや、実際に起きた時のために今も予防線を張っているのかもしれないな。

 

 

だから急に世界が歪むこと。

たとえば、もし、このブログを投稿したら、世界が大きく歪んで、俺が「チンポ チンポ オンライン」の世界の中にいたらどうしよう。いやだな。結局いやなんだろうな。

でもその時は、そうだな。ティッシュとコンドームを輸出入する貿易商になろうかな。

---

--

-

 

最近、人工知能(AI)が「テキサスホールデム」というルールのポーカーにて、プロを相手に勝利を収めたそう。

将棋、オセロ、チェス、囲碁などの、盤面が全て見えているテーブルゲームでは、たびたび人工知能が人間に勝っておりました。

しかし、ポーカーという、相手の手札を類推して押し引きする分野での勝利、論理的思考、戦略を立てたりすること、これは人工知能が軍での運用をされること待った無し!の状況でありますね。

 

人工知能の話は本当にちょうどいいサイズ感の話で、今の時間が劇的に何も変わらないけど、近未来にほんの少しだけ希望が持てる気がしてきます。この今の時間がまったくもって何も変わらないことが大事。

やっぱりすぐにそんな話は忘れてしまっていて、本当にちょうどいいサイズ感の世間話だ。

 

今の生活がまったくもって何一つ変わってしまうわけはないのだけれど、その余裕を持たせた上で妄想することができるのが、本当に本当にちょうどいいジャストサイズだと思う。

 

-

--

---

第三次世界大戦は人工知能による核ミサイルの発射にその火蓋を切って落とされ、世界人工知能サミットによって終結を迎えた。

 

その頃には世界人口の半分くらいがもう死んでいて、労働力としての人間をより効率良く繁殖させるために、人工知能が「チンポ チンポ オンライン」のサービスを開始する。

この日は何でシコるとか、この曜日は精力のつくものを食べるとか、この月はこの種族と交配するとか、この年齢までに殺される。

そういうのが全部決まっているディストピアとして、セックス・マザー・コンピュータが運営している管理社会、「チンポ チンポ オンライン」。

 

俺は、その世界を変えるべく、管理者であるマザーと、人間と人工知能の異種姦セックスをして、愛を教えた。愛をもって、その管理社会を解放したのだ。

---

--

-

 

system error!

チンポ チンポ オンライン を強制終了しますか?

 

はい/いいえ

 

抱かぬ女の膣算用

1.虚数

素人童貞が、自分に自信が持てずに、抱けなかった女がいる時。

その女を、素人童貞の下らねえ自尊心を満たすために「抱けた女」とカテゴライズすること。あの女抱けたな〜!!!と経験人数が虚数素人童貞

 

2.面白いブログ

本当はブログを書きたくなくて、ブログを書くと「伝えたいことがあった」とか「SOSを発信していた」とか思われる(報道もされる)だろうし、何より自分が自分にその認識の目を向けることがきつい。

 

また、人に読んでもらうために、面白いブログを書くのもきつい。

そもそもインターネットで面白いと思われようと画策するのがきつすぎ。

爆笑ブログを書いているやつの、面白い俺を見つけてくれ〜〜感がね、ね。

 

自分の行動を自分の目が制限する自分の中で、ブログやってるやつ=カスという恒等式が成立している。

 

じゃあなんでブログ始めたかというと、思考をして、文を書きたい、そしてこのまま漫然と生きて死にたいと思ったからだ。

 

 

3.スマートフォン

最近、父が入院した。

祖父はデイサービスのご厄介になっている。

 

生きていくとは何か、というのはまた別の話だ。

こういうことを言うと、この世に無数に存在する格言、思想、宗教が飛んでくる。心底くだらないと思う。

 

父も祖父もスマートフォンを持っていないし、携帯電話すら持ったことがないから。

つい先日、丸一日スマートフォンを持たずに外出をした。

 

普段、歩いていても電車に乗っていても、だいたいインターネットラジオや音楽を聴いていた。

ツイッターもLINEも生活の一部と成り果てていた。

 

自分の思考が研ぎ澄まされる感覚。

 

やりたいことがある。お世話になった人に恩返しをしたい。それは自分の本質なのか。本質とは何か。何故生きるのか。その先はどうなっているのか。

どうせ、こういった問答もどこかの宗教家、文化の影響を受けているであろうことに吐き気がする。

 

時間の流れを直視しないように、コンテンツを浪費していた。

スマートフォンが奪われれば、現代人は自己を定義できない。

脳をごまかすために、忘れるために、こんな端末を持って、ブログを書いて、パチンコ打って、酒を飲んで、映像と音声を受給して、チンポをしごいて、寝るのだ。

 

 

生来、酒好きだった祖父は、10年前の食道がんの手術をきっかけに、酒をやめた。

戦後から、教職を定年まで続けた祖父の元には、毎年500通を超える年賀状が、かつての生徒達から届く。

最近、そのほとんどの顔も名前も思い出せないと話していた。

 

祖父は今、時間の流れを直視しているのだろうか。

 

 

4.明後日

就活をしなければならない。

幸い、バイト先にそのまま働かないかと呼びかけられている。

 

働くのは嫌ではない。面接が嫌だ。

なんとなく、偉そうにされることが嫌だと思う。

 

将来への不安も期待も特にない。

働くときは働くし、死ぬときは死ぬと思う。

ただ時間の流れがあるだけだと思う。

そして、自分が巻き込まれている環境に身を投じれば、こんなことも考えなくて済むと思う。

でも、考えていたい。ブログを書きたい。

 

自分はクズで虚言癖があって考えがある。それも別にどうでもいいと思う。

たまに、並行世界の、可能性世界線の自分は、クズなのだろうかと考える。

真面目に生きているだろうか。

あの時、あの女を抱いている可能性世界線の自分は、ブログを書いただろうか。

 

面接は明後日だ。

このブログを書いている内に明日になった。